口コミで人気【オールインワンゲル(化粧品)おすすめランキング】

オゲル
こんにちは。

オールインワンゲルのことならなんでも知ってる、執事のオゲルです。

あなたはどんなオールインワンゲルをお探しですか?

保湿重視?

美白でシミ予防したい?

アンチエイジングが気になるからエイジングケア?

どんなオールインワンゲルでも、あなたにぴったりのオールインワンゲルを見つけます。

「オールインワンゲルを試してみたいけれど、どうやって選べば良いかわからない」

「最近人気みたいだけど、本当にオールインワンゲルだけで保湿できるの?」

オールインワンゲルについての疑問や不安も解決できるように、僕が説明していきますので楽しみにしておいてください。

オールインワンゲルで、時短と美肌を完全両立!正しい選び方と使い方とは?

オールインワンゲルを使うと、一本ですべてのケアが済むからとても便利です。

反面、オールインワンゲルだけで本当にお肌に必要なすべてのケアができるのか、不安になりますよね。

年齢を重ねてくると慎重なケアが必要なのに、オールインワンゲル一本で済ませてしまうことに抵抗があるかもしれません。

安心してください、オールインワンゲルは、正しく使うと、ばっちり保湿できますし、アンチエイジング効果もあげることができます。

時短と美肌を両立させてくれる、オールインワンゲルの正しい選び方と使い方を紹介します。

オールインワンゲルの選び方

オールインワンゲルを買おうとするとき、いろいろな種類があって迷ってしまうことがあるでしょう。

オールインワンゲルを迷わずに購入しやすくなる選び方とランキングを紹介します。

オールインワンゲル(化粧品)1位~10位

パーフェクトワン「モイスチャージェル」&「薬用ホワイトニングジェル

オールインワンゲルでは潤わない。そんないままでのイメージをくつがえすくらい、しっかりと保湿をしてくれます。

薬用ホワイトニングゲルは半年の使用でシミが薄くなったという口コミもあります。

パーフェクトワンの特徴

  • 1個で6役
  • 7種類のコラーゲン配合
  • 製薬会社が製造
商品内容 保湿または美白のオールインワンゲル
定期購入 あり2回目以降10%off
@コスメでの評価 保湿4.2 ホワイトニング4.5
価格 保湿2052 ホワイトニング2430(共に税込み)
全額返金保証 なし

 


 ユーグレナ「one」

40代の救世主!?しわ、たるみ、ほうれい線を改善するユーグレナ

oneの特徴

  • ユーグレナエキス・ユーグレナカプセル配合
  • ナノ化乳化技術で潤い成分の配合率をアップ
  • 1つで10役・60秒の時短ケア
商品内容 オールインワンゲル1個
定期購入 あり・1回めでも解約OK
@コスメでの評価 4.5
価格 初回1950、2回目以降4410(共に税別)

 ビトアス

ビトアスの特徴

  • ハリとつやを与える
  • 乾燥による小じわを目立たなくする
  • 洗顔でクレンジングとオイル美容の役割
商品内容 洗顔料・オールインワン美容液
定期購入 なし
@コスメでの評価 3.9
価格 10日分 1200(税別)
全額返金保証 なし

 メディプラスゲル

メディプラスゲルの特徴

  • 66種類の美容成分を配合
  • 肌を摩擦することによるダメージを軽減
  • サティス製薬と共同開発
商品内容 オールインワンゲル
定期購入 あり
@コスメでの評価 5.7
価格 1ヶ月分 2996(税込み)
全額返金保証 なし

 キレイデボーテ

キレイデボーテの特徴

  • じっくり保湿・ふっくら保湿・いたわり保湿
  • うまプラセンタを配合
  • 無添加
商品内容 オールインワンゲル
定期購入 なし
@コスメでの評価 5.6
価格 2ヶ月分 2980(税込み)
全額返金保証 なし

 ローヤルゼリーもっちりジェル

もっちりジェルの特徴

  • 京都大学&大阪市立大学大学院が開発したエイジングケア成分を配合
  • セラミド、ローヤルゼリーを配合
  • 乾燥小じわを目立たなくする
商品内容 オールインワンゲル
定期購入 あり
@コスメでの評価 4.0
価格 1ヶ月分 912(税別)
全額返金保証 なし

 コンシダーマル

コンシダーマルの特徴

  • ラメラ構造に着目したラメラテクノロジーを採用
  • 皮膚臨床薬理研究所と共同開発
  • ノーベル賞受賞のEFGを配合
商品内容 オールインワンゲル
定期購入 あり
@コスメでの評価 5.4
価格 1ヶ月分 2268(税込み)
全額返金保証 あり

 ストレピア

肌のバリア機能を高め、老け肌をケアしてくれる独自技術が使われています。

ストレピアの特徴

  • HSP(ヒートショックプロテイン)配合
  • 有機栽培の植物成分を配合
  • ハリを取り戻し、毛穴を目立たなくする
商品内容 洗顔料・ゲルローション
定期購入 あり 1回目の解約OK
@コスメでの評価 5.6
価格 1ヶ月分 1980(税別) 送料650
全額返金保証 なし

フィトリフト

オールインワンゲルをお肌の悩み別で選ぶ

オゲル
オールインワンゲルには、いろいろな目的や効果があるので、お肌の悩みに合わせて選びましょう。

保湿したい

保湿を目的とする場合には、保湿の有効成分をたくさん含んだオールインワンゲルを選びましょう。

「高保湿」や「セラミド」と書いてあるものは、基本的に保湿・保水効果が高いです。

特に、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどが入っているものも、おすすめです。たとえば、「PCリペアゲル Wセラム」には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが入っています。

保湿を重視したオールインワンゲルがおすすめな人は、以下のような方です。

  • 乾燥肌
  • 大人ニキビ(乾燥はニキビの原因になります)
  • エイジングケアをしたい(保湿はエイジングケアにも重要です)

エイジングケアをしたい

エイジングケアをしたい場合にも、保湿が重要です。

人の細胞は、年を重ねると自然に水分が失われていくものです。肌が乾燥すると、シワの原因になります。

肌が少しでも乾燥すると浅い小じわができますし、乾燥がさらにすすんでコラーゲンが減少すると深いしわができてしまいます。

しわ予防のために肌の乾燥予防に、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が入っているオールインワンゲルを選びましょう。

また、肌の老化を防止する作用である「抗酸化作用」を持ったビタミンC誘導体が入っている商品もおすすめオススメです。

動物の胎盤由来の成分である、プラセンタが入った商品も良いです。たとえば「キレイデボーテ」には、馬由来のプラセンタが入っていますし、「コンシダーマル」にもプラセンタが含まれています。

美白(シミ対策)したい

美白目的の場合には、抗酸化作用成分の入ったオールインワンゲルを選びましょう。

シミができるのは、太陽の紫外線の影響により、メラニン色素が生成されることが原因です。

また、加齢によって肌のターンオーバーが落ちると、新陳代謝が悪くなって、生成された色素が沈着してしまいます。

色素沈着を予防するためにはメラニンの発生を抑制し、肌の代謝を促すことが必要です。

ビタミンC誘導体やビタミンEなどの抗酸化作用を持った成分や、アルブチン、リノール酸やプラセンタ、ポリフェノールなどが美白に効果的です。

オールインワンゲルでは、「メディプラスゲル」などに、プラセンタとビタミンC誘導体が入っています。

ニキビ対策をしたい

ニキビにお悩みの方にも、お勧めのオールインワンゲルがあります。

ニキビの原因は、毛穴のつまりや皮脂が多すぎること、乾燥、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れなどです。

そこで、皮脂の分泌を抑える働きを持っていたり、ニキビの炎症に働きかけたりする効果のある成分が入ったオールインワンゲルを選びましょう。

ニキビ予防には、保湿も非常に重要です。

ニキビ予防、対策には、セラミドやビタミンC誘導体、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどが含まれているオールインワンゲルを選ぶと良いです。

商品としては、「PCリペアゲル Wセラム」や「メディプラスゲル」などがあります。

敏感肌

敏感肌の場合、アルコールや着色料、香料等の刺激物が入っていないオールインワンゲルを選びましょう。保存料や防腐剤にも注意が必要です。

また、肌の乾燥によってセラミドが減少しており、バリア機能も低下しているので、セラミドを補給することが大切です。

ホホバ油やオリーブ油、アボカド油などが入っているオールインワンゲルもお勧めです。

オールインワンゲルの効果的な使い方

オゲル
オールインワンゲルでケアをするとき、どのようにして使ったら良いのでしょうか?

どのくらいの量を使うのか、どのような手順で使うのかなど、押さえておきましょう。

基本の使い方

オールインワンゲルは、多く使いすぎるとベタベタになってしまい、メイクにも悪影響が及ぶことがあります。かといって、スキンケアに使う量が少なすぎると効果が得られません。

オールインワンゲルによって違いはありますが、適量は500円玉程度です。

500円程度のオールインワンゲルを手にとり、あご、ほほ、おでこ、鼻に、分けてオールインワンゲルを乗せていきます。

そして、肌に負担をかけないように、丁寧に優しく伸ばします。

「ごしごし」と強く塗ると、オールインワンゲルは浸透しませんし、肌を傷めて乾燥する原因になるので、注意しましょう。

オールインワンゲルを肌に塗って行く時は、アゴから頬、おでこの上へと、下から上に持ち上げるように塗っていくことが大切です。

なぜなら、オールインワンゲルを下から上に向かって延ばすと、毛穴の流れに逆らうことになるため、毛穴の中までゲルが浸透しやすくなるからです。

最後は、しっかりとオールインワンゲルを肌に浸透させるために手で軽くパッティングをしましょう。

オールインワンゲルだけのスキンケアで保湿感が足りないと感じる場合には、気になるところに重ね塗りをしましょう。

目元や口元、鼻のわきなど、乾燥しがちな場所にオールインワンゲルを2度塗りすると保湿力がアップします。

オールインワンゲルを塗るタイミング

オールインワンゲルを塗るのは、いつがベストなのでしょうか?

最重要なのは、お風呂上がりにオールインワンゲルを塗ることです。

お風呂に入ると、肌の水分量が非常に高くなっています。このタイミングでオールインワンゲルを塗ると、肌の乾燥を防げるので水分が失われるのを防げます。

オゲル
お風呂から上がって時間が経つと、どんどん水分が逃げて乾燥してしまうので、魔女の宅急便で、落ちそうになっているトンボにキキが手を差し伸べ、後一歩で届きそうで届かないを繰り返しているときのような緊張感を持ってオールインワンゲルを塗りましょう。

オールインワンゲルを塗るもう1つ大切なタイミングは、朝の洗顔した後です。

洗顔後は、水分が失われているので早めにゲルを塗って保湿する必要があります。

オールインワンゲルのちょっと賢い使い方

朝と夜で、オールインワンゲルを使い分けるのも効果的です。

朝は、メイクもするのでさらっとしたオールインワンゲルの方が向いていますし、UVカット機能のあるものが望ましいです。

夜は朝と違い、肌にうるおいを補給したいので、なるべく保湿効果が高く、油分が多いオールインワンゲルを選ぶのがオススメです。

オールインワンゲルの使う量も、朝は薄め、夜は心持ちたっぷりめにすると良いでしょう。

オールインワンゲルを使う場合の注意点

オールインワンゲルを使うとき、やってはいけない注意点があります。

炎症があるときに使わない

肌に炎症があるときには、オールインワンゲルを使用してはいけません。

たとえば、ニキビや肌あれ、かぶれや傷がついている場合などです。このようなときにオールインワンゲルを使うと、悪化してしまうおそれがあります。

また、オールインワンゲルを使っていて肌があれた場合や違和感があるときなどには、すぐに使用をやめましょう。

しっかり浸透してからオールインワンゲルを使う

オールインワンゲルを塗った後にメイクをするときにも、注意が必要です。

オールインワンゲルが肌の上に残った状態でメイクをすると、ファンデーションがよれるなど、メイクに悪影響がおよびます。

オールインワンゲルを使うと、メイクのときに「もろもろ」が出る、というお悩みもよく口コミでみかけますが、オールインワンゲルが浸透しないうちにメイクをしてしまうと、モロモロに原因に。

朝の洗顔後にオールインワンゲルを使うときには、塗った後にハンドプッシュして肌にしっかりなじませて、完全に浸透したことを確認してからメイクを開始しましょう。

オールインワンゲルだけでは保湿が足りない。そんな時は?

オールインワンゲルを使ってスキンケアをすると、どうしても保湿が足りないと感じることがあります。

そんなときには、別の化粧水や美容液を足しても、まったく問題ありません。オールインワンと併用するパターンには、以下のようなものがあります。

  • 導入化粧水をつけたあとにオールインワンゲルを塗る
  • 化粧水→美容液→ゲルの順番でスキンケアをする
  • オールインワンゲルを塗った後にクリームをつける

オールインワンゲルと、他の化粧品をつける順番

オールインワンゲルと他の化粧品を併用するときには、塗る順番に注意しましょう。

化粧水や美容液を使うなら、オールインワンゲルの前に塗ります。オールインワンゲルが、蓋をする役割があるので、ゲルを塗ったあとに化粧水や美容液をつけても肌に浸透しにくいからです。

マスクやパックをするときにも、オールインワンゲルの前に使います。こうしたものには、多くの水分と美容成分が含まれていて、オールインワンゲルで蓋をする前に肌に浸透させることが効果的だからです。

これらに対し、乳液やクリームには蓋をする効果があるので、先に塗ると、オールインワンゲルが浸透しにくくなり、保湿効果を得られません。そこで、先にオールインワンゲルを塗ります。

導入美容液もおすすめです。これは、洗顔後化粧水前につける専門の美容液で、化粧水の肌への浸透を促進する作用をします。

オールインワンゲルの前につけると、ダブルの保湿効果で美肌効果をアップすることができます。

今回は、オールインワンゲルの正しい選び方と使い方を紹介しました。

オールインワンゲルを使うと、時短ができてコストカットにもなりますし、肌の負担も減って良いことがたくさんあります。美白効果やエイジングケア効果がある商品も多く、他の化粧品と併用しても効果的です。

オールインワンゲルの魅力

オールインワンゲルって何?

オールインワンゲルとは、化粧水と乳液、美容液などの効果をそなえた化粧品です。

オールインワンゲル一本ですべてのケアができるので、いちいち化粧水、乳液、美容液をつけるというステップがいらないので便利です。

それだけではなく、美白効果やエイジングケア、UVカット効果を持ったものがあり、化粧下地として利用できるものもあります。

価格帯もさまざまで、リーズナブルに購入できるものから高級なものまで、お財布事情に応じて選ぶことができます。

オールインワンゲルのはじまり

オールインワンゲルは、いつ頃、どのようにしてできたかご存知でしょうか?

オゲル

オールインワンゲルができたのは18年前くらいです。

「肌に良い化粧品を作りたい、手間のかかりがちなスキンケアを1つにまとめたい」という思いから、化粧品メーカーの(皮膚科医を含む)研究員が考えて作りました。

その後、オールインワンゲルの便利さとスキンケアの効果が受けて、世間に知られるようになったんです。

オールインワンゲルの魅力とは?

化粧水と乳液、美容液などによるライン使いのスキンケアからオールインワンゲルに切り替える人が増えています。

オールインワンゲルの魅力は3つあります。

  • 時短できる
  • 肌の負担がへる
  • コスパが良い

時短できる

オールインワンゲルの最も大きなメリットは、時短できることです。

通常の化粧品は「化粧水、美容液、乳液、クリーム」を順番にお肌に塗り込んでいくので、スキンケアにすごく時間がかかります。

朝の忙しい時間や、疲れて帰宅したときに、しっかりスキンケアをするのは大変ですし、ついついさぼってしまうこともあるでしょう。

オールインワンゲルなら、基礎化粧品全ての効果を1つで得られるので、とても楽です。

共働きで忙しい方、子育てに追われるママさんには必須のアイテムとなるでしょう。

肌の負担がへる

オールインワンゲルは、肌への負担が小さいです。

普通のスキンケアをするときには、化粧水、乳液、美容液、クリームをつけるので、何度も何度も手やコットンでお肌に触れて、美容成分を塗り込むことになります。

お肌に優しくタッチしていても、何度も顔に触って良いことはありませんし、忙しいと、ついつい急いで「ごしごし」と強く触ってしまうこともありますよね?

「ごしごし」するようなスキンケアは肌を摩擦してしまってダメージを受け、スキンケアしているつもりで、かえって肌を傷めてしまうこともあるのです。

オールインワンゲルなら、基礎化粧品をライン使いするよりも顔に対する摩擦が少ないので、肌への刺激を大きく減らすことができます。

摩擦による肌の乾燥を防ぐことができますし、バリア機能も維持できます。

さらに、余計なケアをしないことによって肌が本来持っている保湿力を取り戻すことができ、肌自体が丈夫になる効果もあります。

コスパがよい

オールインワンゲルは、コスパが大変良いです。なかには高級なものもありますが、リーズナブルなものも多く、1万円以下で買えるオールインワンゲルがたくさんあります。

また、オールインワンゲル1つで済むので、化粧水、乳液、美容液、クリームのラインナップを揃えるより安く済ませます。

オールインワンゲル以外に何か他の基礎化粧品を1つプラスしても、ばらばらに揃えるよりは安いです。

「基礎化粧品のコストがかかっているから、もう少し節約できたらなぁ」と思っている方には、オールインワンゲルはすごくおすすめできます。

買い換えや旅行の際も便利

オールインワンゲルは、なくなったときの買い換えの際も便利です。

毎日使ってオールインワンゲルの量が減ってきたら、ゲルを一個買い足したら良いだけだからです。ラインナップで揃えていたら、「次は化粧水、次は乳液」というように、何度も買い足さなければなりません。

それは手が掛かるし、化粧品ごとにメーカーが違えば注文や買いに行くのも面倒になってしまいます。

また、旅行の際も、オールインワンゲルを一個持っていけば良いだけなので、非常に楽です。

ドレッサーに、化粧品を置くスペースも要らなくなってスッキリします。

今回の記事を参考に、自分に合ったゲルを選んで時短と美肌を両立させましょう。